訪問診療に思うこと~人生の最終章~

画像
今日は午後から訪問1件そのあと院内で診察。
在宅、施設で思うのは、人は、最後、弱って死んでいく。そこに医療人や、介護職はどうかかわるのだろう。

人を死に追いやる原因の一つに感染がある。と、すれば、医療の目的は原因菌の除去もしくは、量を減らすことにより、本人の免疫力以下の感染力にするということか。
まあ、ここでは難しい話をしたいのではない。
11月より施設口腔ケアを行ってきたが、させていただいた方、すでに7名の方が亡くなった。正直自分の力不足と、自分を責めるし、落ち込みもする。その思考が間違っているかもしれないけれども、、、、、、、
それでも、歩みを止めることはできない。今生きてそこにいる人がいるからだ。
医療介護は、仕事なのか、真心なのか、、皆教科書か、教授か、もしくは自分の頭で考えて行動する。
、医療保険は良すぎることを行うこともできないのだ。その答えをさがせないまま、25年以上、医療の現場にいる。うのぼれではなく、わたくしは医師歯科医師誰にも答えは出せないと思う。なぜなら、その答えも一人の人の脳の中の回答だから。・・・・・それでも、残りの歯科医師人生20年ほど、
より深いもの、
 より恒久的なものにより、答えに近づきたいと思っている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック